• N
  • TCg^c
  • vCoV[|V[
  • [
-CONCEPT- OLD記事

The Metropolitan Museum of Art (MET)

メトロポリタン美術館


住所 1000 Fifth Avenue at 82nd Street, NYC

電話 (212) 535-7710 

URL  http://www.metmuseum.org

火、水、木、日 9:30A.M.5:30P.M.

金、土 9:30A.M.9:00P.M.

月 休館

入場料 任意



 

展覧会名

キャスパー・デイビット・フレンドリッヒ:ムーンウォチャーズ(月を見る人たち)

Casper David Friedrish: Moonwatchers

2001
911-1111
月曜日休館

 
キャスパー・デイビット・フレンドリッヒを代表とする、月に憧れ、月を描いた画家を集めた展覧会が911日からメトロポリタン美術館で開催される。

 こじんまりとした展覧会には月、月光、そのなかにたたずむ人を美しく、印象的に描いた作品がぎっしり詰まっていた。

 そのなかでも、フレンドリッヒの月を凝視している二人をモチーフにした3作、

Two Men Contemplating the Moon (1891)

Man and Woman Contemplating the Moon (1824)

Two Men Contemplating the Moon (1830)

は一番の見所だ。

Casper David Friedrich (German, 1774-1840)

Two Men Contemplating the Moon, 1819

Oil on canvas

13 3/4 x 17 3/8 inches

Gemäldegalerie Neue Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden

© The Metropolitan Museum of Art

 

 

 月が昔からカルト的な信仰を呼び起こしてきたドイツでは、神秘的な雰囲気のあるフレドリッヒの作品は18世紀のドイツ詩人や作家のインスピレーションとなった。

Christian Friedrich Gille (German, 1805-1899)

Moonlight Study, 1831

Oil on paper mounted on cardboard

8 5/8 x 13 3/16 inches

Gemäldegalerie Neue Meister, Staatliche Kunstsammlungen Dresden

 © The Metropolitan Museum of Art

 

 また、フレドリッヒは友人画家たちにも影響を与え、ジョンクリスチャンダハル、カールガスタヴカルス、クリスチャンフレドリッヒジレは月とそれを眺める人をモチーフの作品を制作した(同時公開)。

ドイツの偉大なロマンチック画家フレドリッヒの作品と、それぞれの月への思いや空想を胸に楽しめる展覧会である。

 

展覧会にちなんだ企画:

音楽会&パネルディスカッション「初期のドイツロマンティシズム」

119日 7:00より $30

Grace Rainey Auditoriumにて

 

 

Miya Hideshima

 


Copyright (C) 1999-2010 New-York-Art.com All rights reserved.